So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

梶ヶ森山荘 その2

標高およそ1400メートルの梶ヶ森。
そして、雪で遊びまくってひえっひえに冷えた体。
日の入りを山頂で見て、山荘に戻って一番最初にすること…それはお風呂…!

この梶ヶ森山荘、近くに水源があるので贅沢にもお風呂があるんです。
冷え切った体には最高に嬉しい瞬間。熱いのか痒いのか痛いのか全然分からないほどキツい、湯船へのファーストコンタクト。肩までつかるのに数分間、声にならない声を上げて、油の切れたロボットみたいにゆっくり膝を曲げ腰を曲げ。

IMG_0770.JPG
お風呂上り後、真似しようとも真似ができない、不思議だけどとても美味しい鍋を頂く。
横井さんの声掛けで、山荘の山中さん&ニシガワさんとを交えて呑み呑み。

IMG_0775.JPG
ニシガワさんの粋なはからい。

IMG_0776.JPG
くらい廊下をずいずいすすむ。ゾンビとか出そうで怖い。

IMG_0778.JPG
寒いゾーンに突入。階段を登る。

IMG_0779.JPG
金属の扉。そこを開けると…

IMG_0780.JPG
そう、山荘に併設された天体観測ドーム。
ニシガワさんに観測ドームをオペレーションしてもらい、急遽、深夜の天体観測会。

IMG_0781.JPG
でかい。接眼レンズのぞくためにハシゴを登る。

IMG_0783.JPG
夕方は雲が多かったけど、24時を回ると澄み切った夜空に。
ニシガワさんが操作して、ドームと望遠鏡が、ヒィーン…という音鳴を発しながらゆっくり月を捉える。数分で導入が完了。

IMG_0785.JPG
月。iPhone×天体望遠鏡で撮影。この段階で僕はニシガワさんに惚れた。(男)
氷点下の部屋で、星団や二重星、土星なんかをたっぷり一時間半くらいかけて観測させてもらった。確かに寒かったけれど、高知の人に負けるまいと思って飲んだお酒の酔いと、空の目玉の瞳を覗き込んだのかと思うくらい明瞭な月は、その寒さをぶっとばしてくれた。

就寝。起床。
IMG_0786.JPG
茶粥と土佐の鯖、おいしい漬物を頂いて、後ろ髪を引かれながら下山。

IMG_0789.JPG
こんなに楽しかったのは山のおかげか、温泉か、鍋か、天体観測か、山荘のお二人なのか。
たぶん全部。でも、温泉と鍋と天体観測は山の上の贅沢として割り切ったとしても、梶ヶ森と、そこで働くお二人がいるだけで、そこにいって良かったと思う。

車で行けて、温泉と天体観測ドームがあって、宿泊ができて、おいしいご飯を、気さくなスタッフの方々が作ってくれる。話ができる。こんな山荘はなかなかない。
…ということで、またきっと行きます。

 
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。